宮ヶ浜Ⅰ(宮ヶ浜港防波堤)

南薩線ついて取りあげている最中ですが、同時進行的に指宿枕崎沿線に関する物も紹介していきたいと思っております。記事の順番は画像データ、文章が整い次第順次アップしますね。

今回は指宿枕崎線の方から。

元々は指宿枕崎線の薩摩今和泉駅から隣の宮ヶ浜駅まで海沿いを歩く内容で考えていましたが、後々調べていくと海沿いの道も面白いに加え、なかなか見応えのある建造物とういうか施設があるので先に紹介しようと思ったところであります。ただ、今和泉から宮ヶ浜にかけての海岸道路が災害のためにまだ通行止めになっている可能性がありますので、その点はお許しくだい。

まずは今和泉から宮ヶ浜にかけての海岸沿いを歩くと道路の先は青い海が見えます。右奥には指宿名物の知林ヶ島も見えています。

道路沿いに青い海と知林ヶ島が見える。車通りが少なくてゆっくり眺められるスポットは意外と少ない。

この道路沿いをさらに進むと下の写真のようなものが見えます。

古い灯籠ようなものが気になるところです。

さらに進むと灯籠らしきものが見える。

実はこの施設、宮ケ浜港防波堤(捍海隄かんかいてい)といい天保4年、第27代薩摩藩主島津斉興が長さ2300m、高さ5mの防波堤を築かせました。形は三日月型で北東〜東向きからの波を防ぐ格好となっています。防波堤が作られた理由は「宮ヶ浜の海は遠浅で船を安全に停泊させるところがなく台風で船が転覆する恐れがあった」だったそうです。この地は幕末の海商・濵﨑太平次ゆかりの港でもあります。(指宿港に彼の銅像があったと思います)

宮ヶ浜防波堤広めの図。船を留める係留施設もある。

また、当時の宮ヶ浜は指宿郷の地頭仮屋(役所)や商家群が建ち並ぶにぎやかな港町で、港は奄美や琉球に向かう船の発着場の一つでもありました。

今でもその名残が宮ヶ浜駅周辺の建物に見ることができます。

防波堤自体は石積みの階段状で構成されている。これで潮位の変化に対応できる。
なお、石の材質は凝灰岩である。

防波堤自体は石積みの階段状で構成されています。こうすることで潮位の変化に対応できることがわかります。なお、使われている石は知林ヶ島や大隅半島(根占)で産出された凝灰岩であるそうです。

石積みのアップ。
石積みを正面から。

こうしてみると一つ一つの石の大きさは違うのですが、全体としてみると綺麗に整って見えるのがすごいなと感心してしまいます。お城の石垣もですが、昔の石工さん達の技術はすごい。

つい最近知ったのですがこの防波堤は登録有形文化財に登録されているそうです。

宮ヶ浜編前半は石灯籠と桜島の2ショットで締めようと思います。

この石灯籠は今で言う灯台の役目を果たしていたと思われます。宮ヶ浜駅に立ち寄った際はここまで足を伸ばすのも非常におすすめです。

石灯籠と桜島。

Costa Victoria

今年は海外からのクルーズ客船入港が例年になく多く、86回は入港予定が確定しているそうです。

朝の7:00から8:00頃に入港、出港時間は17:00から22:00頃になることが多いので、

なかなか大型の客船が入港するシーンをタイミングよく見ることができないのですが、先日ようやくみろことができました。

4月29日。マリンポートかごしま(鹿児島港)にて。

イタリア船籍の大型客船”Costa Victoria(75166トン)”が13:00過ぎに近づいてきました。

n
旗を持つ人と入港してくる客船。

初めて見たのですが、岸壁には自動車レースのゴールで見かけるチェッカーフラッグみたいな旗を持った案内人が立っていました。

この旗は”N旗”というらしく、旗の位置と接岸した際、船のブリッジ(船橋、操舵室)の位置になるよう決められるそうです。

(定期船だと岸壁にペンキで印が書かれていることが多いですね)

コスタ・ビクトリア
コスタ・ビクトリア

70000トン超えるだけあって大きい。

このくらいあれば船酔いなんて気にならないのでしょうね(笑)

先頭部
先頭部。ここから係留用のロープが投げられる。

デッキ
デッキと乗船客。リゾートマンションみたいだ。

なんだかリゾートマンションみたいですね。

本船の船籍はイタリアなのですが、デッキ上には中国系を始めとするアジア人観光客が多く乗っていたような感じでした。

接岸後は多くの観光客がバスに乗り込んで行きました。

 

話は変わりますが実は、今年に入り特に感じることがあります。

それは

”鹿児島市の繁華街である天文館界隈において日本語を話す人よりも中国語、英語をはじめとして外国語を聞く機会の方が増えたなぁ。”

ということです。

”鹿児島の街もだいぶ国際化されていくのかなぁと思う一方で、昔ながらの天文館の街の雰囲気とはだいぶ変わっており、地元の人が気軽に遊びに行けるようなスポットが減っているのと、全国展開のお店が増えたのもあって街自体の面白みや活気がなくなっている。”

ことも感じられます。

地方都市が生き残るためはどうしたらいいのだろうか?

 

鹿児島港夕景

ここのところ寺社や遺跡系の記事が続いたので、別カテゴリーの記事を。

いつもの鹿児島港夕方の光景になります。

まずは、種子島から戻ってきた”プリンセスわかさ”(17:25頃)

南埠頭に入港します。

DSC_2407_01
プリンセスわかさ

回頭して着岸します。

 

今度は喜界島航路の”フェリーきかい”出港。(17:30頃)

DSC_2418
フェリーきかい

DSC_2425
桜島と満月をバックに南へ向かう

 

入れ違うように屋久島から”フェリー屋久島2”入港。(17:40頃)

DSC_2433
フェリー屋久島2

 

新港に移動。

現在リニューアル工事中の鹿児島新港で奄美・沖縄航路2社のフェリー2隻同時に見れる状態に戻ったのは4、5年ぶりかと思います。

DSC_2450
久しぶりの2ショット

18:00

鹿児島〜奄美諸島〜那覇行きのクインコーラル8出港。

DSC_2455
クインコーラル8

1時間も経たないあいだに、離島から戻って来る娘もいれば、南の島へ向かう娘もいます。

慌ただしいようにみえますが、これが日常の鹿児島港夕景です。

ナッチャンWorld

11月にはいり、世界の動きに対しおかしさを感じるようになった。

そんな中、11月初旬にこんな船が鹿児島港に数日ほど停泊していたので紹介を。

 

DSC_6394
ナッチャンWorld

ナッチャンWorldはもともと、青函航路の高速船として2008年に青森〜函館間に就航していたが、燃料費高騰のあおりを受けわずか半年で運行休止、翌2009年〜2012年までは夏季限定の運行となっていた。

また、2011年に起きた東日本大震災の際には、支援物資を運ぶためにも使われた実績がある。

昨年度より防衛省はこの船を大災害などに備えるとの名目で2014­年(平成26年)度、約3億5千万円で借り上げたそうで、昨年も11月頃に自衛隊の車両を積んで輸送したり、南西諸島などの離島に寄港する訓練を行っていたそうです。

船体に描いてある子供たちが考えたパレードをイメージしたイラストと今実際に運んでいるものとはかけ離れているなと思うところです。

船尾のランプウエイ。
ナッチャンWorld

 

下の写真は昨年11月に鹿児島港に寄港していた”はくおう”。

こちらの船も防衛省がチャーターしています。カーフェリーとしては高速の部類に入ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
はくおう(元新日本海フェリーすずらん)

鹿児島でこれらの船を見るとはねぇ。。。

 

それぞれの世界。

先日港で黄昏ていたときのこと。

周りから見られていることを気にせず、自分の世界にはまり込んでいるカップルを見かけた。

熱い抱擁したりキスしたり。。。

それを横目に私は夕暮れ時の風景を残そうとした。

3351
夕刻のサクラフェアリーこと第二桜島丸。

たまたま散歩中のおっちゃんから

「あのカップルも撮っちゃえ(笑)」

なんて、話しかけられたものの、

私が好きなのは夕景なので、羨ましいなとは思いつつも目障りだったので(笑)

彼らを私の視線から外した。

彼らには彼らの、私には私の世界がある。

そんなことを言っている私も、ゆうべはすごくかわいい子を人目を気にせず抱擁していた。

その子のことをいつまでも手放したくなかったのだろうなぁ。。。

しばらくしてその子とクルージングしてた。

そのあとのことは覚えていない。

Legend of the Seas。

あの出来事から数日が経ったゆうべの眠りは、いつもにまして浅いものとなってしまった。

ただ、その子は私のこれまでの人生において実際に会ったことはないけれど、

目はすごくパッチリしていてすごく印象的なのは確かだった。

また会ってみたい。今度は現実の世界で。

ホームページ名変更の業務連絡&新造船の話題。

誠に勝手ではありますが、

先日(3/18)より、

本ホームページ名を tomohirondon B a gut feeling

から

 gut feeling by To Mo
に変更いたしました。
改めてよろしくお願いいたします。
半ば勝手な思いつきのようにみえますが、
もう一度人生の流れを変えたく、
先日迎えた誕生日に合わせ名前を変える決断をしていました。
1979年3月17日生まれの私にとって、今年は年男&カバラ数秘術において始まりの1を示す年になります。
これまで36年の人生でしたが、後半の18~35歳までは本当にしんどかった(笑)ので、何もかもリフレッシュしたいなという気持ちがいっぱいです。
新しいもの。。。
ということで、3月から我が鹿児島港には新しい船が2隻お目見えしています。
1隻目は鹿児島〜喜界〜奄美〜古仁屋〜平戸野〜知名航路に就航した『フェリーきかい』
IMG_2508_2 IMG_2510_2
見た感じこれまでの同航路のフェリーより小型化されたような感じです。
そのかわり、速度は上がったのかもしれませんんね。
それと、舳先の形が特徴的です。
もう1隻はおなじみ桜島フェリーの新造船「サクラフェアリー」こと『第二桜島丸』が桜島港に到着したもようです。(写真中央の船です、残る2隻は左から『第十八櫻島丸』と『桜島丸』になります)
新船は4月から運行開始予定で、これにともない最古参の第五櫻島丸は引退のはず。
なのですが、
一隻修理中で最近見かけないのがいるので、引退はもうちょっと先かもしれないかもですね。
SAKURAJIMA-FERRY
こちらは最古参の『第五櫻島丸』。
船型がごちゃごちゃしていなくて好きな形です。
第五櫻島丸
おまけ、
先月鹿児島港に停泊していた練習船『海王丸』の船首像『紺青』です。
紺青
これからの人生、どうか良い流れ、そして、いい航海になりますように。

鹿児島港22時&17時。

毎年3月末〜4月初旬になると、年度末ということもあり、人の異動がさかんになります。

 

鹿児島県は北は長島から南は与論島まで南北600kmにもわたるため、

教職員の方々は一生のうち何度かは離島に赴任するそうです。地方(特に離島)に転勤となれば一大イベントです。

 

写真の通常なら月曜日と金曜日の23時(週2便)に出港する

「フェリーとしま」

なのですが、先週(4月第一週)は月、水、土曜日の週3便となり、

20時頃に鹿児島港に入港しても23時には出港してしまうという慌ただしいスケジュールになっています。

 

DSC_0962

写真の前の便(4月2日発)では転入する教職員を乗せ出港したと思われます。

離島に向かうフェリーの船体には

「○○先生、頑張って」

などのメッセージが書かれた横断幕が掲げられ、

船内から幾重にも投げられた紙テープを見送りの人たちとつながっています。

岸壁から万歳の声も聞こえてきます。

いよいよ出港!!

岸壁からゆっくりと離れていき、やがて紙テープはちぎれてしまいます。

10分もすると、船の姿は港から見えなくなり、鹿児島湾の湾口に向けて突き進んでゆきます。

 

また、写真(当日はQUEEN CORAL 8)の毎日18時発の奄美諸島〜沖縄行きはいつも以上に長い汽笛とともに、

便によっては出港直前

「別れのワルツ(蛍の光)」

が流れる場合もあり、より別れという感じがします。

DSC_1054

 

昨年度私が個人的にすごくお世話になった方も今年度から島に赴任することになり、残念ながらお見送りはできなかったけれど、

寂しさがある一方で、新たなステージの始まりなのかなとも思っています。

 

とりいそぎ。

 

 

 

 

 

 

鹿児島新港、18時過ぎ。

9月に入ったとたん、太陽の沈む時間が早くなってきたように感じられる今日この頃、

何かしらの写真を撮りにいきたいなと思い、ちょっと外を出回った。

坂というか、山登りみたいなことをした後、久々に夕方の鹿児島新港に向かった。

毎日18時になると、鹿児島〜奄美諸島〜沖縄間を結ぶ定期船が出港する。

18時に船が出て行くところを見送った後、空に変化が見られた。

今日の天気は”晴れ時々雨”。

夕暮れに何かが起こることを期待していた。

西の空は晴れ間が出ているのにもかかわらず、雨が降りだしてきた。

東の空はからっとしているようにみえた。

もう少し水蒸気の量が多ければ、見える。

そんなことを思いつつ、しばらくすると東の空に薄いながらも輪っかだ。

虹です。

一時期は高い確率で虹をみることができていたけれど、時間に余裕がなくなったのもあり、

今年はまだ拝めていなかった。

DSC_2247

帯の幅が狭かったのもあり、写真写りとしては非常に見づらいものになってしまったけれど、

半弧状の虹を写真におさめてみた。

橙色に光る建物の姿もすごく鮮やかであった。

汗をかきかき走り回った9月9日重陽の日でした。

朝の鹿児島港、10分くらい。

毎朝8時頃になると、奄美大島からフェリーが鹿児島新港(新港と略します)に帰ってくる。

DSC_2027

ただいま鹿児島新港は工事中のため、到着後1時間もすると本港の鹿児島本港北埠頭(北埠頭と略します)または谷山港に移動するはこびとなる。

写真に写っている船(クインコーラルプラス)は乗客と急ぎの貨物の積み降ろしを終えると、新港から北埠頭まで10分ほどで移動する。
今回は新港出港から北埠頭入港までの鹿児島港の様子を追ってみた。

まずは、新港から出港。
DSC_2044

種子島から高速船が帰ってくる。奥では垂水フェリーが行き交う。
DSC_2052

北埠頭に向かう。
DSC_2056

高速船が南埠頭に入港するため、左に旋回する。手前では桜島フェリーも入港しようとしている。
DSC_2065

無事に舵をきることができた。
DSC_2072

航跡がきれい。
DSC_2075

北埠頭に入港。同時に桜島桟橋から桜島フェリーが出港。
DSC_2088

10分弱の出来事でしたが、鹿児島港では漁船や貨物船の出入りもあり、同時多発的にいろんな船の動きをみることができる。

海をぼけっと眺めてても、これだけ動きがあれば決して飽きることはない。

 

”海をぼけっと眺めることが好きな人にとって、港や周辺地域を無駄にいじくりまわしてほしくない。”

というのが個人的な願いです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。