吉松駅

吉松駅駅舎

肥薩線の嘉例川駅大隅横川駅についたは以前触れたことがあったのですが、交通上の要所である吉松駅については初めて触れることになります。

肥薩線吉松駅。


当駅は1903年9月5日に鹿児島本線の駅として開業しました。最初は横川駅(大隅横川)方面から延伸、1909年に山線である人吉方面からルートも難工事の末開業し門司港から鹿児島まで1本の線路でつながりました。これが最初の鹿児島本線全通となります。

また、1912年には吉都線の一部も開業し、1913年に都城まで開通1916年には宮崎駅まで全通しました。(元の日豊本線)
ということで当駅は熊本宮崎鹿児島からの線路が集まる交通の要所となりました。

上の写真は現在の吉松駅駅舎と大口に向かう南国交通バスです。なお吉松駅から大口に向かうバスは朝2本、昼過ぎ1本の計3本です。

吉松駅の隣駅である栗野駅からはかつて水俣駅へ向かう路線山野線が通っていました。

石造燃料庫

駅舎横にある小屋というか石倉、これは(蒸気機関車の)燃料庫になります。燃料となる石炭を保管していました。

吉松駅開業時からあるもので構造は南九州特有の溶結凝灰岩を煉瓦のように積み上げており、三角屋根、横窓の上には水切りとなるように石が飛び出しています。

肥薩鐵道開通記念碑と動輪、吉松駅開業百周年記念碑、吉都線全線開業百周年記念碑が並ぶ

左奥から肥薩鐡道開通記念碑と動輪、吉松駅開業100周年記念碑、吉都線全線開業100周年記念碑と並びます。
特に肥薩鐡道開業記念碑には赤で囲まれた中に白い字で「工」の字が書かれており、鉄道省時代のものだとわかります。ちなみに鉄道事業は最初工部省→内閣直轄となり、工の字が鉄道省のシンボルマークとなりました。

吉松駅乗り場

吉松駅乗り場、現在は駅舎横のホームに線路はなく階段渡って島式ホームが2つ、1-3番乗り場まであります(一番奥の4番線は留置線扱い)昔は1-2番乗り場に駅弁の販売があったそうです。暗くて分かりづらいのですがよくみると、写真一番右側の電柱に昔ながらの駅名標が残っています。

吉都線都城または肥薩線矢岳越への道

肥薩線人吉方面と吉都線都城方面に向かう別れ道。
写真を見る限り(光の都合なのかもしれませんが)2番乗り場のみ赤信号が点灯しているようにみえます。他の番線は隼人方面にしか進行できないのでしょうか?
2021年現在では吉都線都城方面と反対方向の肥薩線隼人方面のみの運用になっています。
昨年7月発生した豪雨により肥薩線は吉松駅から先の人吉、八代方面に行くことが当座の間出来なくなっています。
吉松〜人吉間については線路自体の被害は少ないのですが信号設備の関係上運用することができないようです。(吉松駅の先でJR九州の鹿児島支社と熊本支社の境界があったと思います)
人吉〜八代間の被害は甚大で球磨川第一橋りょうをはじめとして駅や橋、信号等鉄道施設そのものが流出しています。
人吉駅でつながっている人吉〜湯前間の第三セクターのくまがわ鉄道については復旧が決まっていますが、現時点で肥薩線吉松〜八代に関しては復旧できるかどうかはわかっていません。
ちなみに災害前の段階で吉松〜人吉間の列車は1日3本、吉都線の列車は1日8本くらいでした。昔は急行えびのもいたのですが…
あと1点だけ、鹿児島中央〜隼人〜吉松〜都城を走る観光列車は欲しいところです。(特急はやとの風の都城まで延長とか。宮崎県のえびの市や小林市にある生駒高原、高原町方面に向かうには便利かなぁと個人的に思うところ)

ちなみに、吉松駅には蒸気機関車のC55 52号機が展示されています。

C55 52号機


煙突の横についている除煙板、デフレクターが上半分のみ残っているのが特徴(いわゆる門デフ)です。

おまけ、こちらのリンクは過去、一人旅をしたときに人吉駅を通った時の記録も含まれています。

昇格組と降格組(鉄道編)

JRが国鉄だった頃、特急型で使用されていた車両が普通列車用に格下げされたことはたまに見かけられた。

その才たる例として、元々世界初の寝台特急電車であった581、583系が普通車に格下げされ九州では715系、東北で719系、最後まで生き残った西日本では419系、いずれも元中間車の先頭車改造車は見た目からして「食パン」と呼ばれていた。

一方、九州では普通車であるキハ47が「はやとの風」や「指宿のたまて箱」という名の特急列車に昇格されている。

写真の両列車はいずれもキハ47ではあるが、手前は普通列車、奥は特急「はやとの風」になる。

また、列車と同様なことが路線でも見られる。

というのは、肥薩線(写真は大隅横川駅にて)はかつての鹿児島本線であり、吉都線はかつての日豊本線であったそうだ。(今の鹿児島本線や日豊本線とはルートが異なる。)

その名残か、隼人〜(肥薩線)〜吉松〜(吉都線)〜都城の区間には古い駅舎(いずれも登録有形文化財になっている)が残っている。

まずは肥薩線、嘉例川駅から。ある時から全国的にも有名になった。

駅長さんはにゃん太郎だったかな。

ここから霧島方面に2駅ほど登ると、大隅横川駅。

戦争の傷跡(機銃掃射の跡がホームの柱に残っています)が生々しいけど、飾り付けが素晴らしい。

両駅とも開業以来変わっていないので、築115年はゆうに超えている。

そして、吉都線えびの駅も1912年開業の古い駅舎である。

あるのは知っていたけど、今回初めて訪れてみた。

駅舎内もなかなか渋い。

今はローカル線中心の沿線となってしまっているけど、かつては特急や急行など優等列車も走っていたらしい。

栄枯盛衰を感じながら、今もこの世に残っているのは貴重だなと思う。

山の日

今日は山の日なので、山に関係するものを。

まずはJR吉都線、高原駅より見えた霧島山(多分韓国岳)。

5年前の今頃、友人たちと登った山でもあります。

現在の私の体力はだいぶ落ちてしまったので、再び山登りできるように体力付けないとなぁ。

一方、こちらは鹿児島市街地から見えた櫻島。

ごちゃごちゃした建物群のなかに、かつて九州地区に存在して現在は廃業した壽屋のマークが残っている。この地区に実店舗はないけど家具屋の看板も健在だ。

こう見るとなかなかカオスな状態でありますなぁ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。