613号

私が鉄道好きになったきっかけ。

それは、鹿児島市内には大正元年から路面電車(通称鹿児島市電)が走っているから。

写真の車両は600形613号。

鹿児島市電613号
鹿児島市電613号。1日数本の鹿児島駅前発中央駅前経由谷山ゆき。

製造は昭和37年で現役の車両の中では古参の部類に入ります。

私が昭和54年生まれなので、

生まれた頃にはすでに17年ほど走っていたということになる。

それでも当時は新車の部類に入っていたと思う。

ちょうど車両の冷房化が始まっていた頃だったかなぁ。。

私が小さかった頃は

460形2両、

500形15両、

600形16両、

700形4編成

800形32両(元大阪市電、現在9500形)

いたそうで、現在は廃止された伊敷線と上町線も含め走りまわっていた。

鹿児島市電の車両は黄色と緑という配色なので、

かぼちゃ電車

とも呼ばれたりしている。

 

最近になると、鹿児島市民には馴染みが薄いのだけども、

同形の一部車両の配色が黄色が濃いオレンジ、緑が濃い緑で、

東海道線や山陽線で走っている湘南色っぽいのもいる。

613号
613号。2系統郡元発中央駅前経由鹿児島駅前行き。

見た目はバリアフリーではなく、古臭くも感じるようですが、

履いている台車が(路面電車では珍しい)空気バネ式なのもあって、

乗り心地はすごくいい。走行音もかなり独特。

ただ、手入れがすごく大変だそうなのでいずれは引退の時期がくるのでしょう。

新形車両が多く走っているなか、旧型の車両が走っていることが減っているので、

(昔は当たり前にいたのでなんとも思わなかったけど)

今となっては乗れてラッキーだと思う。

Costa Victoria

今年は海外からのクルーズ客船入港が例年になく多く、86回は入港予定が確定しているそうです。

朝の7:00から8:00頃に入港、出港時間は17:00から22:00頃になることが多いので、

なかなか大型の客船が入港するシーンをタイミングよく見ることができないのですが、先日ようやくみろことができました。

4月29日。マリンポートかごしま(鹿児島港)にて。

イタリア船籍の大型客船”Costa Victoria(75166トン)”が13:00過ぎに近づいてきました。

n
旗を持つ人と入港してくる客船。

初めて見たのですが、岸壁には自動車レースのゴールで見かけるチェッカーフラッグみたいな旗を持った案内人が立っていました。

この旗は”N旗”というらしく、旗の位置と接岸した際、船のブリッジ(船橋、操舵室)の位置になるよう決められるそうです。

(定期船だと岸壁にペンキで印が書かれていることが多いですね)

コスタ・ビクトリア
コスタ・ビクトリア

70000トン超えるだけあって大きい。

このくらいあれば船酔いなんて気にならないのでしょうね(笑)

先頭部
先頭部。ここから係留用のロープが投げられる。
デッキ
デッキと乗船客。リゾートマンションみたいだ。

なんだかリゾートマンションみたいですね。

本船の船籍はイタリアなのですが、デッキ上には中国系を始めとするアジア人観光客が多く乗っていたような感じでした。

接岸後は多くの観光客がバスに乗り込んで行きました。

 

話は変わりますが実は、今年に入り特に感じることがあります。

それは

”鹿児島市の繁華街である天文館界隈において日本語を話す人よりも中国語、英語をはじめとして外国語を聞く機会の方が増えたなぁ。”

ということです。

”鹿児島の街もだいぶ国際化されていくのかなぁと思う一方で、昔ながらの天文館の街の雰囲気とはだいぶ変わっており、地元の人が気軽に遊びに行けるようなスポットが減っているのと、全国展開のお店が増えたのもあって街自体の面白みや活気がなくなっている。”

ことも感じられます。

地方都市が生き残るためはどうしたらいいのだろうか?

 

吾平山上陵

鹿屋市吾平町にある”吾平山上陵”

読み方は”アイラノヤマノウエノミササギ”または通称”アイラサンリョウ”と読むそうです。

ここは神代三山陵(じんだいさんさんりょう)のひとつにあたり、神武天皇の父にあたる彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)が埋葬されていると明治7年この場所に治定されたそうです。(埋葬地に関しては宮崎県の鵜戸神宮など他にも諸説あるそうです)DSC_0027

神代三山稜とは、神武天皇の曽祖父祖父にあたる天津日高彦火瓊瓊杵尊天津日高彦火火出見尊彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊の神代三代を葬る陵です。

<参考>古墳と陵の違いは?

古墳➡︎3世紀から7世紀にかけられて作られた権力者や豪族のお墓。

陵➡︎天皇のお墓。

だそうで、意外と混同して解釈している方も多いかと思われます。

天孫降臨や山幸彦海幸彦、浦島太郎のお話にもつながるそうですが、私はそういう類の研究を行っているわけではないので、ここら辺のお話は割愛いたします。

 

ここまでは前振りとして、ここからは先週ここを訪れた際の感覚を残します。

西日本では次々にソメイヨシノの開花宣言が発表されているのにもかかわらず、

鹿児島県ではまだ開花の発表はされていなかった。

そんななか、当初は霧島方面に向かうつもりだったけれど、

出かける当日になり国分を通り過ぎたあたりから本当に思い立ったように大隅半島まで足を運んでしまいました。

DSC_0048
参道に向かう橋の上から

 

DSC_0054
参道の砂利道。

敷地外とは空気が全く違います。気の流れが良かったですね。

雰囲気が伊勢神宮に似ているので、小伊勢とも例えられるそうです。

DSC_0078
この山自体が陵にあたる
DSC_0087
鳥居が見えます

桜の季節だけあって、多くの参拝者が訪れていました。

DSC_0123
今年の桜。
DSC_0136
今年の桜。

吾平山上陵といえば、楓です。

新緑が素敵でした。

DSC_0093
桜のピンクもいいけれど新緑も良かったです。

紅葉の頃にも訪れてみたいですね。

 

東霧島神社と龍

先ほど載せた霧島東神社から車で30分ほど、宮崎県都城市には東霧島神社(つまきりしまじんじゃ)もあります。

こちらも霧島六所権現のひとつにあたります。

隠れたパワースポットとはいうものの、霧島東神社に比べアクセスが良いところにあるためか、参拝客の多さには驚きました。

まずは入ってすぐにある神石から

DSC_7596.jpg
神石 正面から
DSC_7600.jpg
神石断面

切れ味がすごい。

御祭神である伊邪那岐命が切ったとも伝えられています。

DSC_7602.jpg
神石 後方から

不思議ですね。

 

DSC_7622
石灯篭
DSC_7629
こちらは太陽で。
DSC_7627
こちらは月なのか。
DSC_7635
本殿入口。
DSC_7633
鬼が待ち構えています。

そこには、急な石段が999段も続きます。

こんな昔話も。

ちなみに、この石段を振り返らなずに登り切れば、願いが叶うそうです。

階段を登りきると本殿です。

DSC_7660
本殿外観。

龍の姿が印象的でした。

境内には龍の姿をした木もあるそうです。

DSC_7618
この木もなんとなく龍のようにも見えます。

知人などからよく聞く話なのですが、東霧島神社は非常に男性的なパワーを持っているそうで、

男性向きな場所みたいです。

なので、女性の方は気をつけて参拝した方がいいのでしょうね。

私が訪れた時は、(体調のせいもあったとは思いますが。。。)

うまく表現はできませんが、そこまで変な(拒否を起こすような)感触はなかったと思います。

 

霧島東神社

お久しぶりです。

毎年春先になると、部屋の模様替えはほとんどしないものの、ホームページやブログのタイトルを変えることが恒例行事となっているようです。

ということで、今年も新年度に迎えて、ホームページのデザインやブログタイトルの変更をしました。

さて、正月に書いた記事では今年は良い年になると予想しています。

だだ、それほど外に出る予定ではなさそうなので、訪れた町の記録は主に昨年までにいったところを中心に整理できたらなと思うところで、今回は霧島地区から。

DSC_7514
御池から高千穂の峰

霧島は何度か訪れたことがあるけれど、宮崎県の都城市側を回ったのは今回が初になります。

写真は御池から高千穂の峰を望んだものです。

私は小学校の修学旅行で高千穂登山をしていますが、なかなかの急斜面でかなりきつかった記憶があります。

今年掲げた目標の一つとして、高千穂登山を計画。。。

しているところですが、体力的に全くないのが現状の私。

時間をかけて体力を復活させなければ。

DSC_7532
御池 別ショット

 

御池のほとりにある道路を山の方に進むとある神社が見えてきます。

 

霧島東神社。

DSC_7582
鳥居
DSC_7538
霧島東神社拝殿と本殿。

霧島六所権現の一つ。

伊邪那岐命と伊邪那美命を御祭神とし、
天照大神、 瓊瓊杵尊、 天忍穗耳尊、 彦火火出見尊、鸕鷀草葺不合尊 神日本磐余彦尊が配祀されています。

DSC_7568
門守社

神社について詳しいことを書いているサイトは多々ありますので、ここで神社の説明的なことは省略いたします。

かねてよりかなりのパワースポットであるという話は聞いていたので、体調によっては入れないかもなぁ。。。と思いつつも境内にすうっと入ることはできました。

(私が訪れた当時の体調が相当芳しくなかったせいもあり)鈍いながらもいい場所だなぁと思うとこでした。

DSC_7574
神門
DSC_7546
遥拝所

ちなみに高千穂の峰の山頂にある”天の逆鉾”は霧島東神社の一部にあたるそうです。

もう少し身体の調子が良くなったらまた改めて訪れてみたい。

終戦から70年。

本日をもって太平洋戦争の終戦から70年目を迎えた。

私自身はもちろん、親の世代も戦後生まれになるけど、

祖父母は戦争に巻き込まれていたことになる。

実際、私の父方の祖父は長崎(浦上)の軍需工場に動員されており、

8月9日には原子爆弾の被害に遭い、足や心臓などに影響が出ていた。(原爆手帳ももっていました)

写真は長崎の平和公園近くにある爆心地にて。今年も縁あって長崎を訪れることができた。

長崎の、爆心地。
長崎の爆心地。
長崎の爆心地。
長崎の爆心地。上空を見上げる。

参考に、昔長崎を訪ねた記録の記事はこちらをクリックしてください。

8年前の今日、8月15日には広島も訪ねました。

こちらの記事も参考にしてみてください。

CA390034
広島の爆心地。

長崎、広島の両原爆資料館もみてきたけれど、

現在の町並みからは想像できない地獄絵図であったのは容易に想像できるし、

身内が現場にいたのもあり身の毛がよだってしまった。

CA390046
広島の爆心地。

次に、母方の方をみていくと母親自体の出生に不明な点が出てくる。

正確に言うと、私の母親の本当の父親がわからないのである。

戸籍上、母親の兄貴の父親は確定するものの、

その方はフィリピンのルソン島で昭和20年6月15日に戦死している。

戸籍上私の母親が生まれたのは昭和23年なので、つじつまが合わないので謎。

フィリピンではもう一名レイテ島で戦死した記録もある。

写真は指宿市開聞町にある、花瀬望比公園

ここから太平洋戦争で激戦地となったフィリピンことを想う。

指宿市の花瀬望比公園にて
開聞岳の麓にある花瀬望比公園にて。

その翌々日、6月17日には鹿児島大空襲でも身内に犠牲者が出ていた。

先の戦争から70年は経ったものの、

身近なものからまだまだ戦争の記録は引き出される。

遺構もだけど、我が家のルーツを調べていくにあたって、

報道だけでなく、意外と戸籍に戦争の記録が残っているものです。

最後に、今の日本は本当に戦後なのでしょうか?

つばめ。

自宅の駐車場の壁につばめさんがせっせと巣をつくっています。
ことしも南方からやってきました。

5日前に見つけたときはこんな感じで、場所決めという感じでした。
DSC_4728 (1)

今日みると、だいぶ形ができあがっていました。

DSC_4879

つばめさんが鳴き声が聴こえる傍で、姿はみかけないけどうぐいすさんの鳴き声もだいぶうまくなってますね。

今年はいつになく、鹿児島の街中でつばめをみかけることが多いのは確かかも。。。

とりいそぎ。

番所鼻。

私の場合、

「あることがしたい」

と思ったとしても、

「時期が合わないとどうしても動けないもの」

そういう縛りが非常に強いようで単なる願望だけでは全く動くことができない体質になっているようです。

さて、今回訪れた場所も前からから行きたかったのだけど、
なかなか「行っていいよ」というGOサインが出ず、行くタイミングがなく、

昨日になってようやく訪れることができた。

かの伊能忠敬が「天下の絶景」と仰せられた場所。

その場所とは南九州市頴娃町番所鼻自然公園(ばんところはなしぜんこうえん)。

その前に、菜の花がみたいということで、指宿の池田湖に立ち寄りました。

DSC_1052

指宿といえば”池田湖”と”なのはな”ということで、

定番なショットなのですが、池田湖畔になのはなが咲き、背後に開聞岳がそびえる様子を一枚。

桜をはじめとしてお花を見に行くこともあるけれど、菜の花を見に行ったのは初めてになります。

私自身、もともとはそれほど黄色は好きではなく、服装もほとんど黄色いものは着ず、

部屋の中にも置いていないのですが、

気になる色(昨年の今頃書いた記事です)

今年の2月はそれほど黄色のことを氣にしなくなったかな(笑)。

今は外に出たいという氣持ちというか感覚が強く現れているのかな。。。

そんなことを思いながら、移動。

こちらは先ほどとは別の場所でなのはなと開聞岳。

DSC_1081

この近くにそうめん流しで有名な唐船峡があります。

途中、枚聞神社で梅の花を発見。

DSC_1125

「指宿のたまて箱」の登場により浦島太郎の伝説ですっかり有名になった竜宮神社は枚聞神社の南、長崎鼻にあるそうですが、時間の都合上次回訪ねることにします。

さてと、私は枚聞神社から南西へ。

いよいよ今回の目的地に到着。

かの伊能忠敬が絶景と仰せられた。頴娃町番所鼻。

DSC_1130

IMG_2409

IMG_2422

岩場と開聞岳の組み合わせが言葉にできないほど美しい。

ちょうど引き潮だったようで、岩場も歩いてみることにした。

名前はわからないけど、貝がたくさん岩場に張り付いていた。

海藻のひじきも生えているところでは足場が滑りやすくなっていた

DSC_1182

DSC_1202

タツノオトシゴハウスにて

1245

夕暮れ時。

DSC_1276_2

数時間滞在したけど、絶えず観光客がおりました。

帰りに喫茶店「くろんぼ」にてピラフを食す。

写真に写っているテーブルはオーナーの自作だそうです。

IMG_2433

流れ着いた椰子の実を磨いたもの。
IMG_2435

お店の看板も流木から手作り。
IMG_2436

この場所に来てオーナーさんの話を聞くと、

趣味を持つことの大切さと自然を活かすことの面白さを感じられずにはいられなかった。

あ、釜蓋神社はまたの機会で。

昨年は霧島に縁があったけれど、どうやら今年は指宿方面を訪れる機会が増えそうです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。