谷山駅

かつて谷山市といわれていた鹿児島市谷山地区。昔の駅舎の写真は無いのですが、駅前にあった案内図の看板の写真だけは撮っていたみたいです。

昔撮った谷山駅周辺案内看板

1985年完成の2代目駅舎は三角屋根の平屋で天井近くにステンドグラスがはめ込まれておりデザインもなかなかお洒落なものではあったのですが、駅周辺の人口増加ならびに慢性的な交通渋滞の発生により高架化ならびに周辺地域の整備が必要になってきました。

そこで鹿児島市が主体となり2008年より市電の谷山電停付近〜慈眼寺公園近くまで高架化して踏切を廃止する工事が開始されました。

2016年、指宿枕崎線谷山〜慈眼寺地区の高架化工事が完了し、現在の高架駅が誕生しました。(下の写真)

谷山駅の駅舎。高架駅に生まれ変わり自動改札機も備わっている。

また、高架駅開業に合わせ鹿児島中央駅、伊集院駅に次いで鹿児島県3番目の在来線の自動改札機が導入されました。

見た感じ非電化のローカル線の駅とは思えない造りとなっています。
鹿児島県内の在来線で高架駅になっているのは谷山駅と南隣の慈眼寺駅のみです。


また、2019年より当駅では列車接近時に吉田拓郎さんの「夏休み」が流れるようになりました。
この曲は彼が谷山の小学校に在籍していた時のエピソードに基づいて作られているためです。
高架化された谷山駅ホームからは鹿児島のシンボルである桜島を眺めることができます、また高架化された区間の恩恵で(古い形式ですら)列車の揺れも無く乗り心地が快適になっております。

そういえば、長渕剛さんも谷山駅の近くにある高校に通っていたらしいですね。

谷山駅を発車する列車と桜島。
慈眼寺〜坂之上駅間の車窓。

南隣の慈眼寺駅を過ぎると列車は坂之上駅まで急な坂を登ります。途中列車の進行方向左手には桜島と谷山地区の市街地を眺めることができます。
なお、列車を遠目に見れる国道225号線から列車を見てみると崖沿いを駆け上がっているようにもみえます。

谷山駅から見える桜島、慈眼寺〜坂之上駅間の車窓で見える桜島、どちらもすばらしいです。

桜島(城山から)

山の日はとっくに過ぎたのですが、山の画像をアップしたい気持ちに駆られまして(笑)

城山展望台からの眺め

鹿児島市民にとって(まはた観光スポットとして)はすごい定番である城山の展望台から見える桜島と鹿児島市街地の構図です。

今月に入り台風が接近したり秋雨前線の影響で長雨となりなかなか晴天となる日がないので、写真自体は5月に撮ったものになります。

そういえば、城山の展望台でよく見かけるシチュエーション。桜島を背景にして人物写真を撮りたい。けど、これが簡単そうに見えて意外と難しいのです。

城山の展望台は木陰になりますので、桜島を背景に人物を撮りたい、記念写真を撮りたい場合は必ずカメラに付いているフラッシュを炊くことをおすすめいたします。炊かないと背景はきれいに写っていても人物は真っ暗になってしまって誰が誰だかよくわからなくなるからです。今は事情(あの病気等)により海外、県外はおろか県内、同じ市内でも外出するのは躊躇してしまうので、今後もし鹿児島市の城山展望台に来て写真を撮りたくなったら参考にしてください。

こちらは画角をもっと広めにしたものです

ちなみに、山の麓には鹿児島城(鶴丸城)がありましたが他の城と違い天守閣がなかったそうです。
江戸幕府に恭順するためだとか言われていますが、現在地(城山の展望台あたり)見張りがいれば外からやってくる船舶は一発で見つかるでしょうね。

陰と陽と

9月12日は宇宙の日だそうです。

宇宙飛行士毛利衛さんがスペースシャトルに搭乗、飛び立った日にちなむらしいです。

さて、本題へ。

こちらは先日の夕陽。

こちらは月の出です。

満月となる日は月と地球と太陽が一直線に並んでいる時です。

ちなみに、桜島港のすぐ近くにはツキヨミノミコトを祭っている月読神社があります。

落陽 / Diamond Sakurajima

鹿児島のシンボル櫻島に夕陽が落ちゆく。

1

快晴の空の下、櫻島のてっぺんに陽が突き刺さる。

まさにダイヤモンド櫻島。

2

多くのカメラマンが三脚据えて夕暮れを見守っていた。

3あえて言葉は少なめで。

@霧島市中茶屋公園 (Nakachaya Park at Kirishima City)

夢と希望と目標と欲望と。

夏の過ぎ去りし時、私の父親をはじめ、周りにいる人にこんな質問を投げかけてみた。

”あなたの夢って何ですか?”

返ってきた答えは。

”夢ってもっていないね”

そんな人たちばかりだった。

一方で、

もうすぐ長年想っていた夢が叶えられる人もいる。

子供の頃、

”大人になったら○○になりたい”

誰しもが、そんなこと思ったに違いない。

時が過ぎ行くにつれ、善くも悪くも大人になってしまう。

叶おうが叶わなかろうが、

現実世界にうち飲まされ、

何度も挫折を味わっていくうち、

いつの間にか

”夢”

をどこか置き去りにして、

代わりに、

現実的に達成しなきゃならない、

意味合いをもつ

”目標”

不足を満たそうと、強く求めてしまう

”欲望”

実現を願ったり期待したりという

”希望”

にすり替わってしまう、大人がいる。

厄介なことに、

いずれの言葉も

”○○したい。”

という形にまとまってしまう。

本人の”感情”次第で、 ”夢”にも ”目標”にも ”欲望”にも ”希望”にも 捉えられてしまう。

では、今一度、あなたの心の中に問いかけてみます。

”あなたの夢とは何ですか?”

yoake1

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。