日置駅跡

前記事の上日置駅から坂を下ると開けた田園地帯に入ります。

そこを南薩線の線路が駆け抜けていました。

旧日吉町の日置地区を俯瞰的に見た物。平地にところに役場や駅があった。

下の写真、水田横の道路になっているところに線路があったと思われます。

水田の中を線路が通る。

水田ばっかり言葉が出ておりますが(笑)、ここを過ぎるとちょっとした町並みというか商店街というか住宅地が見えてきます。そこにかつての日置駅が存在していました。

この道路は間違いなく線路跡であろう。まもなく日置駅に到着。

駅舎跡やそれっぽい建物もなかなか見当たらないので(本当はとある宅地の中に小さな給水塔があります)表現的には難しいのですが、下の写真のあたりが日置駅の駅前に相当し、道路右手中央に右に行く細い道があるのですが、ここが駅の入り口に、その道の奥手に駅があったのではないかと推察するしかないです。南薩線の他の駅は大概駅の場所はわかるように何かしらの看板があるのですが、日置駅と南吹上浜駅のあった場所は確定するのは難しいかもしれないです。

ただ、このあたりに日置駅があったという証拠の一つとして、鹿児島交通バスの伊集院〜加世田〜枕崎行きなんてつ号は日置の県道をずっとまっすぐ走る(走った方が効率的には良さそうです)のではなく、この集落内にある八幡バス停にわざわざ立ち寄る便があります。下の写真にも右の中程にバス停らしきものが写っているのでこれが八幡バス停だったと思います。

ちなみに、なぜ八幡なのかと言うと、ここの近くにせっぺとべというお祭りで有名な日置八幡神社があるからです。

この辺りがかつての日置駅前に相当する。

日置駅は南薩線の中でも伊作や加世田と並んで利用客は多かったそうです。日置止まりも列車の設定もありました。また、日置にもユースホステルがあったそうで昔はここで宿泊もできたそうです(吹上浜ユースホステル、今は事実上閉館中)。

あと、非常に個人的な話ですが、日置といえば今は市町村合併により日置市(伊集院、日吉、東市来、吹上)全体を表しますが、個人的には日置駅周辺もしくは日置市日吉町日置のどちらかのイメージがあって他の人に比べては日置の範囲を狭く捉える傾向があるかもしれません(とはいえ日吉町日置の範囲もかなり広いので番地間違えたら非常に大変なことになります。笑)

日置駅を過ぎると隣の吉利駅に向かって線路跡が伸びていました。

続く。

日置駅から吉利駅に向かっては線路跡や枕木が残っていた。

柊野

またもや地名クイズになります。

先日の宮之城線薩摩求名(さつまぐみょう)の読み方はなかなか難しい部類になりますが、タイトルにある「柊野」はなんと読むでしょうか?

普通は「ひいらぎの」、特にデザインやフォントを扱う人だと「ヒラギノ」なんて読んでしまいそう(ヒラギノ角ゴとか有名なフォントがあるため)ですが両方とも違います。

正解は「くきの」です。漢字の変換でも出にくい部類かもですね。

この地区で有名なものがあります。それは彼岸花。時期的に秋の彼岸に近いので彼岸花の画像を載せてみましょう。ただし、2021年は花を見ることはできるそうですが、ひがん花まつりは行われないそうです。

まずは柊野小学校跡の校舎と絡めて。

彼岸花と校舎

こちらは花のアップ。

こちらは花をアップに

白い花もありました。

白い花はあまり見かけない

道沿いに咲いています。

路肩に咲く

ちなみに彼岸花(ヒガンバナ)は曼珠沙華(マンジュシャゲ)とも呼ばれます。そう呼ばれる由縁はサンスクリット語で「赤い花」で「葉より先に咲く赤い花」を表す言葉からだといわれています。法華経序品で釈迦が「法華経」を説かれたことを祝って天から降ってきた花の1つとされており、「天上の花」という意味も持っています。(私は直接の世代でないのですが)『曼珠沙華』といえば山口百恵さんが歌っていたのが有名ですかね。

この地を訪れたのは昨年の今頃だったのですが、下の石碑が示すよう山と山の間にある小さな川を挟んだ谷というか山あいにあるため開墾は大変だったのだろうと想像できます。

中山屋敷の碑、江戸時代この地を開墾するのが非常に困難だったとうい証である

稲がたわわにみのっていました。

収穫前の稲穂と曼珠沙華

締めに集落の入り口から全景を入れてみました。

集落の入り口より、おかえりなさい わが ふるさと 柊野

宮之城駅

薩摩鶴田駅から宮之城方面には線路跡が車道に転用されています。この道路を走り続けると薩摩湯田駅、佐志駅跡を通過することができます。今回、両駅の写真がないので簡単な説明になります。

薩摩湯田駅は旧宮之城町と旧鶴田町との境界に近いところまたは宮之城温泉の最寄駅(温泉街まで1Kmくらい)と言ってもいいかもしれません。駅跡の記念碑と車輪が置いてあるそうですが気づかなかったです。

佐志駅跡は比較的わかりやすい所にあります。国道504号の田原交差点の地区になり、駅舎自体は元々なくプラットホームと駅名標の形をした案内板が設置されています。

ここからは宮之城線の線名にもなっている宮之城駅について。宮之城駅は1926年開業、最初は当駅が終点でしたが1934年薩摩鶴田駅が開業した後は途中駅となりました。1937年、薩摩大口駅まで全通しました。しかしながら利用客の減少により1987年廃止となりました。こちらのページも参考にしてください。

宮之城線ではガソリンカーの使用や(機関車ではなく)気動車が貨車を引っ張る混合列車の運用があったそうです。「宮之城線 混合列車」で画素を検索すれば出てくるようです。

宮之城鉄道記念館

上の写真は宮之城駅跡にできた記念館の建物です。時間の都合により建物内には入らなかったのですが観光案内所、バスのターミナルなどになっているそうです。駅廃止後も入来、鹿児島市や大口、出水、空港、川内方面など各方面に向かうバスの発着場となっており交通の要所となっています。また、温泉(宮之城温泉や紫尾温泉)や竹も有名ですが、個人的にはお菓子屋さんも多いなとも思いました。

鉄道設備の跡

こちらは駅跡に残された鉄道設備になります。腕木式信号機やてこ、踏切、蒸気機関車C57の頭部が保存されています。

宮之城線の駅には他にも樋脇、上樋脇、入来駅など駅跡が残っている所もあるのでいずれ訪ねてみたいと思っています。記録が撮れたらまた載せる予定です。とりあえず宮之城線跡巡り(第1部)はここまで。

薩摩求名

さて問題です。この駅名は何と読むでしょうか?

正解は「さつまぐみょう」です。

国鉄宮之城線にあった駅の一つですが、いわゆる難読地名に分類されるでしょう。(参考に千葉県東金市にある求名駅、ここも”ぐみょう”と読みますが難読駅名でよく取り上げられます。徳川家康が鷹狩りに来た際ここは何という所かと聞いた際、家来が「求名と申します」と言ったためにこの名前になったと伝えられています。)

薩摩永野駅において薩摩求名駅の駅名標

求名という言葉自体は仏教(法華経)の登場する人名で、仏の入滅後、妙高菩薩の八百人の弟子の中の一人。名声だけを求めお経をどんなに読んでも覚えられませんでしたが、多くの善根を植えたために多くの仏に会うことができたそうで、後に弥勒(みろく)菩薩となったそうです。ちなみに”みろく”という地名は姶良市加治木町の国道10号線の交差点の名前になったり、弥勒さんという苗字の人も鹿児島県内にいることは確認済みです。(話逸れますが、鹿児島市内に”もびくに坂”というバス停があり昔は大きなお寺があったそうです。)また、さつま町内(薩摩永野駅〜広橋駅)の中間あたりには観音滝公園というのもあるそうです。ただし、東金市の求名と違って、ここの(薩摩)求名の地名の由来についてはよく分かっておりません。

下の写真は薩摩求名駅があったと思われるところで撮ったものです。広橋(旧薩摩町の中心地)方面への線路跡は緑のトンネル状態となっており、中に進むのは躊躇しました。

広橋方面への線路跡か

一方、こちらの写真のあたりに駅があったのではなかろうかと思います。橋の欄干には機関車の動輪が描かれています。また、真ん中に見えるアーチ式の石橋は求名橋と呼ばれており明治37年に掛けられたそうです。

この付近に薩摩求名駅があったと思われるところ。中央に見える橋は求名橋。

当駅跡には鉄道施設や記念館などは残っていませんが、集会施設と線路跡は道路に転用されて微かに痕跡がわかる程度でした。参考に地図を載せておきます。求名駅のバス停があったと思います。

薩摩永野駅

これまでの投稿では主に旅行系や海系、寺社仏閣たまにその他思った事を書いていましたが、

これから数記事ほどは廃線に関連したものをあげていこうかなとも思っています。

まずは国鉄宮之城線関連のところから。

宮之城線は鹿児島県の川内駅から薩摩大口駅までの66.1kmを結んでいた国鉄のローカル線でした。

国鉄再建法の施行により第2次特定地方交通線(いわゆる赤字ローカル線)に指定され1987年1月10日、国鉄民営化の直前に廃止となりました。

国鉄宮之城線路線図

今回は宮之城線の駅のなかで最も変わった構造をとっていた薩摩永野駅の遺構についてとりあげていきます。

現在当駅の駅舎は存在しないのですが、代わりに永野鉄道記念館という建物があり、改札や駅名標などが展示されています。

永野鉄道記念館 構内から
駅名標と改札口。駅名標よく見てください。

こう見ると普通の駅のようにみえるのですが、駅名標をよくみると路線の中間駅でありながら両隣の駅名が片側のみに書かれています。ここに当駅の特徴が現れています。

そう、その特徴は上にのせてある路線図の通りスイッチバック駅であることです。しかもこのスイッチバック構造はただ坂がきついから存在するというわけではなさそうだということが、後に載せる写真を見ていただければわかるかと思います。

追記、南薩線上日置駅もスイッチバック駅でした。こちらの記事も参考にしてください

左に進むと広橋・宮之城・川内方面、右に進むと針持・薩摩大口方面に向かう

この写真のアスファルトの所にレールが敷かれていました。左側に進むと宮之城・川内方面へ、右側に進むと薩摩大口方面に向かうことになります。見た感じでは坂があるけど急勾配のようには見えません。下に載せてある写真を見ると分かると思います。なお、現在道路沿いにはソメイヨシノの木が植えられており、桜の花が満開を迎える季節になるとものすごく見応えがある風景になるそうです。大口駅近くの忠元公園にも負けないかもしれません。タイミングが合えば是非とも撮りに行かなければ。

先程の場所から引いて撮ったもの、シーサースクロッシングと腕木式信号機が残されている

引きの写真で見ると二本の線路が直進と交差していた事がわかります。駅周辺の地理はすぐ下にある地図を参照してください。薩摩永野駅を飛ばして両隣の広橋、針持駅を直線で結んだ方が距離的には短くなるのですが、わざわざ当駅に立ち寄っているように線路は敷かれていました。それには理由がありました。

上の地図を拡大すると永野金山跡(近々記事にしようと思います)という史跡があります。そう、永野金山があり周りに大きな集落があったために当駅が作られたそうです。ちなみに、地図をもっと縮小してみると薩摩永野駅からさらに山を越えて肥薩線の大隅横川駅に接続することはできそうでした。が、当の永野金山が1965年に閉山したため、集落の人口は減ったのは容易に想像できます。列車の本数もそれほど多くはなく川内〜薩摩大口運用が7本くらい、川内〜宮之城、川内〜薩摩永野、針持〜薩摩大口など区間運用の列車が数本いたそうですが、各方面に向かうのに利便性が良かったのか?というと微妙だったみたいで1984年には第2次特定地方交通線として廃止承認、1987年1月10日宮之城線は全線廃止となりました。

以下の写真は永野鉄道記念館で展示されている鉄道設備、車両になります。

宮之城線各駅にあった駅名標
モーターカー
モーターカー、いわゆる作業車です

上2まいはモーターカー、保線作業するための機械扱いになります。

車掌車 ヨ8000形

車掌車ヨ8000形も置かれていました。車内は石炭ストーブ、垂れ流し式トイレ付きでした。

シーサスクロッシングと車掌車
腕木式信号機

この写真の山手の方にかつての永野金山が有りました。そのため周囲には大きな集落があったそうです。この山を越えるように線路を敷設すれば今の肥薩線大隅横川駅の近くに接続することも可能であったかと思われます。(霧島方面にいく近道となり、国分隼人、鹿児島市方面に鉄道でいくとなった場合ショートカットできたかも)別で触れますが、宮之城から鹿児島市へ向かうには(国鉄バス時代から)JRバスが1日数本入来峠越えで設定されています。

最後に薩摩永野駅跡は場所的に山奥というわけではないけど、なかなかわかりにくいところにあって現在は少し秘境感があるのですが、鹿児島空港からそんなに離れておらず1〜2時間置きに1本いる鹿児島空港はつ阿久根行きの空港バスで行くこともできます。スイッチバックの施設もいいのですが、桜の満開の季節を狙うのが一番いいのかなと思うところでした。

吉松駅

吉松駅駅舎

肥薩線の嘉例川駅大隅横川駅についたは以前触れたことがあったのですが、交通上の要所である吉松駅については初めて触れることになります。

肥薩線吉松駅。


当駅は1903年9月5日に鹿児島本線の駅として開業しました。最初は横川駅(大隅横川)方面から延伸、1909年に山線である人吉方面からルートも難工事の末開業し門司港から鹿児島まで1本の線路でつながりました。これが最初の鹿児島本線全通となります。

また、1912年には吉都線の一部も開業し、1913年に都城まで開通1916年には宮崎駅まで全通しました。(元の日豊本線)
ということで当駅は熊本宮崎鹿児島からの線路が集まる交通の要所となりました。

上の写真は現在の吉松駅駅舎と大口に向かう南国交通バスです。なお吉松駅から大口に向かうバスは朝2本、昼過ぎ1本の計3本です。

吉松駅の隣駅である栗野駅からはかつて水俣駅へ向かう路線山野線が通っていました。

石造燃料庫

駅舎横にある小屋というか石倉、これは(蒸気機関車の)燃料庫になります。燃料となる石炭を保管していました。

吉松駅開業時からあるもので構造は南九州特有の溶結凝灰岩を煉瓦のように積み上げており、三角屋根、横窓の上には水切りとなるように石が飛び出しています。

肥薩鐵道開通記念碑と動輪、吉松駅開業百周年記念碑、吉都線全線開業百周年記念碑が並ぶ

左奥から肥薩鐡道開通記念碑と動輪、吉松駅開業100周年記念碑、吉都線全線開業100周年記念碑と並びます。
特に肥薩鐡道開業記念碑には赤で囲まれた中に白い字で「工」の字が書かれており、鉄道省時代のものだとわかります。ちなみに鉄道事業は最初工部省→内閣直轄となり、工の字が鉄道省のシンボルマークとなりました。

吉松駅乗り場

吉松駅乗り場、現在は駅舎横のホームに線路はなく階段渡って島式ホームが2つ、1-3番乗り場まであります(一番奥の4番線は留置線扱い)昔は1-2番乗り場に駅弁の販売があったそうです。暗くて分かりづらいのですがよくみると、写真一番右側の電柱に昔ながらの駅名標が残っています。

吉都線都城または肥薩線矢岳越への道

肥薩線人吉方面と吉都線都城方面に向かう別れ道。
写真を見る限り(光の都合なのかもしれませんが)2番乗り場のみ赤信号が点灯しているようにみえます。他の番線は隼人方面にしか進行できないのでしょうか?
2021年現在では吉都線都城方面と反対方向の肥薩線隼人方面のみの運用になっています。
昨年7月発生した豪雨により肥薩線は吉松駅から先の人吉、八代方面に行くことが当座の間出来なくなっています。
吉松〜人吉間については線路自体の被害は少ないのですが信号設備の関係上運用することができないようです。(吉松駅の先でJR九州の鹿児島支社と熊本支社の境界があったと思います)
人吉〜八代間の被害は甚大で球磨川第一橋りょうをはじめとして駅や橋、信号等鉄道施設そのものが流出しています。
人吉駅でつながっている人吉〜湯前間の第三セクターのくまがわ鉄道については復旧が決まっていますが、現時点で肥薩線吉松〜八代に関しては復旧できるかどうかはわかっていません。
ちなみに災害前の段階で吉松〜人吉間の列車は1日3本、吉都線の列車は1日8本くらいでした。昔は急行えびのもいたのですが…
あと1点だけ、鹿児島中央〜隼人〜吉松〜都城を走る観光列車は欲しいところです。(特急はやとの風の都城まで延長とか。宮崎県のえびの市や小林市にある生駒高原、高原町方面に向かうには便利かなぁと個人的に思うところ)

ちなみに、吉松駅には蒸気機関車のC55 52号機が展示されています。

C55 52号機


煙突の横についている除煙板、デフレクターが上半分のみ残っているのが特徴(いわゆる門デフ)です。

おまけ、こちらのリンクは過去、一人旅をしたときに人吉駅を通った時の記録も含まれています。

旅の途中

ご無沙汰してます。(何度目ですか)

前回の投稿より1年以上経過していますね(汗)

その間に思わぬものが世界中に蔓延するとは夢にも思っていなかったのです。

今後の物忘れを防止するため(いわゆるボケ防止)にも、頭の中など整理するためにもたまには物書き(ブログ更新)をしようと思っています。

前回の投稿が指宿枕崎線松ヶ浦駅からでしたので、とりあえず沿線のとある踏切の画像を貼っておきます。

夏真っ盛り、この青空と踏切と草の緑の対比がたまりません。

どっかの踏切にて

写真も整理でき次第随時アップしたいところです。

どういう順に整理して行こうか悩みますが、

急がないとどこの場所かわからなくなりはじめたので(汗)

とりあえず今日はここまで。

松ヶ浦

すごく久しぶりの地名系投稿になりそうです。

肥薩線沿線の駅についてはちょくちょくあげていましたが、今回は指宿枕崎線にある駅の紹介です。

南九州市知覧町にある松ヶ浦駅。道路と交差しているけど。駅の案内がないのでかなり見つけにくいところにあります。しかも乗り場が坂道を下りて階段を下ったところにあるので秘境駅的な雰囲気もあります。

駅から枕崎方を見る。夏場になると線路だけだなく、周りの草木も生い茂って列車に当たることもちょくちょくあるらしい。
松ヶ浦駅と開聞岳。列車がいれば青春18きっぷのポスターに似合いそうな風景である。

これだけ見ると、周囲に何も無いのかと思われますが、ちょっと離れたところに学校や集落、港があります。

かつて砲台が設置されていたらしい

松ヶ浦は薩摩藩公認の商業地区(浦町)で、藩の役所が置かれていました。そして、江戸時代から明治にかけて海運や商業の町として栄えていたといわれています。砲台は、海運・商業の中心地であった松ヶ浦への外国船侵入を防ぐために設置されたと考えられます。(鹿児島県のホームページより)

松ヶ浦の海岸より太平洋を望む。

とにかくひっそりとしているのがいいですな。

見えないもの

昼間の快晴の空の下、見えないものがある。

月明かりの為、見えない星たちも多々あると思われます。

先程の答えの一つは、宇宙にある星たち。

日が暮れて、暗闇が増えるにつれて空には星たちが現れる。

月明かりや、街の灯りが明るすぎると、細かい星たちはそこにはあるけど、人間の目で確認することはできない。(私もいまだに天の川を見ることができていない)

この世の中、わかっているようで、わかっていない。または、まだ真実が見えていないことが多々ある。私の心の中ですらそうであるように。

ちなみに、私は宇宙人の存在は信じている方です(笑)

(宇宙人はいないと否定することができないため)

おまけ

外と内

今年の夏は台風の影響で海が荒れていることが多いです。

日置市江口浜にて(外海)

ご覧の通り天気は晴れていても、外海では白波が立っており、海水浴場では遊泳禁止となってしまいます。

日置市の江口浜(東シナ海に面し、外海に当たる)では、サーフィンをしている人たちも見かけました。

海底の砂が巻き上げられているのか、海の色がだいぶ濁っていました。

日置市江口浜にて(外海)。サーファーたちを見かけた。

ここから約40kmほど北上、薩摩川内市西方海水浴場でも海が荒れていました。

もちろん遊泳禁止。

薩摩川内市西方海水浴場にて(外海)。奥には甑島がくっきり見える。
薩摩川内市西方海水浴場にて(外海)、左手には奇岩人形岩が鎮座している。

空は澄んでおり、この時期としては珍しく甑島をはっきりと臨むことができました。

ここからさらに北上。

阿久根市黒之瀬戸大橋(外海と内海の境目)

さらに北上。阿久根市と長島町を結ぶ黒之瀬戸大橋に向かいました。

大潮の時期に当たるのもあって、渦を見ることができました。

長島に上陸。長島町針尾公園にて。

針尾公園より竹島を臨む。養殖生け簀が多く見られる。(内海)遠くに雲仙も見えるか?
針尾公園より伊唐大橋と伊唐島、獅子島を臨む。(内海)

八代海(内海)にあたるせいか、これまでの荒れた外海とは違い、水面が非常に穏やかでした。

おまけ。

空には虹がかかっていました。

穏やかな人生を送りたいものです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。