記事のタイトルはこの本から。

1988年に出版された、ブラジルの人気作家、パウロ・コエーリョの『アルケミスト』からです。(世界で最も読まれた本ベスト10に入っているそうです)

羊飼いの少年が前兆を読み釈きながら、宝物を探しに行く冒険の話。

旅の途中で錬金術師と出会い、果たして目的のお宝を見つけることができるのだろうか?

大まかな流れはこういった感じです。

この本に関する感想は調べれば無数に出てきます。それほど影響を与えていると言っても過言ではありません。

普段あまり本を読まない私ですら、何度も読みかえしてしまうほど夢中になってしまいます。名言、生きるヒントが多数ありますね。

自分を縛っているのは自分だけだ、ということに気がつきます。

今後の人生、自分の「心の声」に従って生きていきたい。

自分の人生の主役はあくまでも他の誰でもなく自分だから。(たとえ悪役にされたとしても)

諦めたらそれでおしまいですよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。