超久しぶりの街を歩くシリーズです。

今回は私の故郷鹿児島県日置市日吉町で毎年6月第1日曜日に行われる『せっぺとべ』を見にいった記憶から。

いわゆる「お田植え際」の一種なのですが、泥の中を跳ねるだけではなく、子供たちが棒や笹を持って舞をしたり、巨人が練り歩いたりします。

 

約400年ほど続いているお祭りということなので、ひょっとしたら私の先祖も参加してたのかもしれないし、かの小松帯刀さんも見ていたのかもしれない。

まずは日置八幡神社にて、子供たちが舞をする。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

神社の境内から日置の町並み。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大人たちが神社の境内にある田で土の中の悪い虫たちを踏みつぶす。
すでに焼酎をのんでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いよいよ巨人”大王どん(でーおーどん)”のお出まし。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
若者たちが輪になって、田んぼの中を飛び跳ねる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

DSC_6494

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

いよいよクライマックスへ。

必死で長い竿を支える。

P6010555

若者たちは泥だらけになりながら、田んぼのなかでひたすら飛び跳ねる。
P6010571
子供たちも踊る。
DSC_6704

今年も豊作であってほしいものです。

2件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。